ホムデ | ホームタウン総合デザインセンター

ホームタウンづくりを行うため、クリエイターのサポートや移住のサポートを行っています。

topics

北海道もったいナイト、もったいないデイを京都・大阪にて開催します!

投稿日:

北海道にUターンして2年。「もったいないなあ」と思うんです。そして、やっぱり「国なんだな」と思うほど広い。そう感じて、「北海道もったいナイト」「北海道もったいないデイ」開催します!関西にて!
(お申込はこの記事の一番下にあります)

初日は京都!

2日目は大阪!

何がもったいない?

北海道は、デッカイドウ。なんて、昔はよく言ったものです。本当に広い。九州と四国を合わせても、まだ足りないほどです。

北海道をイメージするとき、何を想像しますか?牛?まっすぐな道?それとも、動物園?雪?そんなイメージでしょうか。

確かに、すべて北海道の景色です。

食べ物が美味しいイメージもあるかもしれません。確かに、どこ行っても新鮮な食べ物ばかり。お米も昔と比べて美味しくなって、いまやトップランク。そう、北海道は、「なんでもある」のです。

いったん、観光についてみていきましょう。

日帰りと宿泊を合わせて、5500万人が訪れています。これは、京都市の観光客数が同じく5500万人なので、北海道全体と京都市の観光客数がだいたい同じ、ということですね。

しかし、北海道の特徴は、道内客がほとんどであること。5500万人の観光客のうち、4600万人が北海道の中のお客さんなのです...!!!

このデータから何を考えられるかというと、「北海道の各地は、北海道のお客さんを中心に考えている」所が多い、という事。(あくまでデータから見える個人的な感想です。世界をみている場所もありますので、あしからず)隣の町とは何が違うか、を必死に試行錯誤しています。これって、なんだかもったいない気がして...。

北海道物産展は、全国のデパートでは「ドル箱」とされるほどの盛況だそうです。おそらく、代表的なお店たちが販売していて、およそ10市町村ぐらいの店舗がまわっている事でしょう。詰め込んでも、30市町村ぐらい。ちなみに、北海道は179市町村あります。だいぶこぼれ落ちてます。。まるで、いくら丼のように。

北海道ブランドは、強い。しかし、質を上げても、小さな所がそれぞれブランディングして頑張らなきゃいけない。そして、近隣と比べてどうか、という事を中心に考えている。

これが、ひとつのもったいない部分です。何か北海道にシゴトないかなあ。。と考える人は、このあたりの改善、解決とか良いかもしれません。
京都・大阪にて、色々面白がってお話できればと思っております!

イベント詳細

京都開催

FACEBOOKイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1613246218722269/

▼日時
12月1日(金)19:00~22:00 (18:40受付開始)
※途中参加、途中退場も可能です。その場は事前にご相談下さい。

▼会場
京都リサーチパーク町家スタジオ(京都府京都市上京区福大明神町128)
※市バス堀川中立売徒歩3分 ※地下鉄今出川駅徒歩15
http://www.krp.co.jp/machiya/access.html

▼参加対象
・北海道について知りたい・興味がある
・北海道に行ったことがない、修学旅行以来行っていない
・北海道という地域ならではの産業や暮らしなどを知りた
・北海道のおもしろい人とつながりたい

▼定員:20名程度(事前申込制)

▼ゲストスピーカー
◉宮嶋 瞬氏
北海道出身。地域おこし協力隊の北海道庁版にて採用、Uターン。雑誌編集、不動産投資営業、200円カレーFC立ち上げを経て現在に至る。自治体との企画や北海道ワカモノ会議立ち上げ等行い、今年8月に余市町にて移住案内所+コーヒースタンドをオープン。
▶︎COFFEE STAND by shizuku
https://www.facebook.com/coffeestand.by.shizuku/
▶︎北海道ワカモノ会議
https://www.facebook.com/wakamono.hokkaido/

◉前田 将克氏
兵庫県出身。日本一周ランナーとして1年6ヶ月をかけて完走し、北海道を選択、17年より北海道仁木町地域おこし協力隊。企画会社での業務を兼務し、マラソンをピクニックのように楽しめるイベントを全国各地で開催、協力隊としてはオーガニックワインや高級ミニトマトを使ったご当地バーガー開発などを行う
▶︎仁木町地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/nikiokoshi/

◉北川由依 氏
三重県出身。大学進学を機に、北海道札幌市へ引越し。道内各地を巡るなかで、北海道のまちや食に関心を持ち、札幌の企業に就職。農業体験のコーディネートやインターンシップ事業、農産物の流通事業に携わる。
自分のまちに誇りを持って働く起業家や、我が子のように愛情を込めて作物を育てる生産者の想いを届けるため、現在はフリーランスのライターとして取材・執筆を行なう。
2015年京都へ移住。小樽出身の夫と、4歳の女の子、0歳の男の子の4人暮らし。
▶︎greenz.jp
http://greenz.jp/author/kitagawayui/

▼参加費
1000円(1ドリンクつき)
※ニッカウイスキー・トマトジュース・コーヒーなどを予
※仁木町名産のぶどうなどの試食も予定

▼セミナー概要(予定)
・飲みながらゆるくスタートします
・北海道についてやみなさんが知らない北海道についてゲストからお話しを聞きます
・北海道のあれこれをゲスト3名で楽しく語ります
・北海道をテーマに参加者みなさんで少しお話しします
・あとは交流会で飲んだり、話したりします
※今回は交流会をしっかり時間をとっている、よりどなたでも参加しすい内容です。

▼申込は下記フォーム(事前申込となります)
https://docs.google.com/forms/d/11xkJqzThVkWKrJx2Dg9XcKa311MNf41pgq5SIRU7HAA/edit

※Peatixでも申込受付
※近日中にアップします

※いずれも参加費は当日現金払いとなります

主催:北海道仁木町 企画運営:株式会社ツナグム、一般社団法人ホームタウン総合デザインセンター

大阪開催

FACEBOOKイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/153113368635129/

▼日時
12月2日(土)13:30〜16:30(13:15受付開始)
※途中参加、途中退場可能です。

▼会場
ハローライフ(大阪府大阪市西区靭本町1-16-14)

▼参加対象
・北海道について知りたい・興味がある
・北海道に行ったことがない、修学旅行以来行っていない
・北海道という地域ならではの産業や暮らしなどを知りた
・北海道のおもしろい人とつながりたい

▼定員:20名程度(基本的に事前申込制)

▼ゲストスピーカー
◉宮嶋 瞬氏
北海道出身。地域おこし協力隊の北海道庁版にて採用、Uターン。雑誌編集、不動産投資営業、200円カレーFC立ち上げを経て現在に至る。自治体との企画や北海道ワカモノ会議の立ち上げ等行い、今年8月に余市町にて移住案内所+コーヒースタンドをオープン。
▶︎COFFEE STAND by shizuku
https://www.facebook.com/coffeestand.by.shizuku/
▶︎北海道ワカモノ会議
https://www.facebook.com/wakamono.hokkaido/

◉前田 将克氏
兵庫県出身。日本一周ランナーとして1年6ヶ月をかけて完走し、北海道を選択、17年より北海道仁木町地域おこし協力隊。企画会社での業務を兼務し、マラソンをピクニックのように楽しめるイベントを全国各地で開催、協力隊としてはオーガニックワインや高級ミニトマトを使ったご当地バーガー開発などを行う
▶︎仁木町地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/nikiokoshi/

▼参加費
無料

▼申し込み
Facebookページからお願いいたします
https://www.facebook.com/events/153113368635129/

主催:北海道仁木町 企画運営:一般社団法人ホームタウン総合デザインセンター

お申込はこちらから


 

 

-topics
-, ,